トップ > ビルド > GIMPに必要なライブラリ群のビルド >
Poppler-Data

Poppler-Dataのビルド

Poppler-DataはCJK(中国語・日本語・韓国語)のテキストを含んだPDFファイルを表示するために必要となる追加データです。

ソースファイルの展開

まず、ソースファイルを展開します。 MinGW Shell上で以下を実行します。


cd /working/sources
tar xvf /working/sources/poppler-data-0.4.5.tar.gz
cd poppler-data-0.4.5

configure

configureは実行しません

  
Poppler-Dataはautoconfには対応していません。 というより、本ソフトウェアはデータファイルの集まりなのでconfigureを必要としていません。

ビルド

makeは実行しません

  
本ソフトウェアはデータファイルの集まりなのでビルドする必要はありません。

インストール

続いて、インストールを行います。 MinGW Shell上で以下を実行します。


make prefix=/working/gimp install

インストールが終了したら、画面に出力された内容を参照し、正常に終了したことを確認します。

ページの先頭へ
 

まとめ

Poppler-DataはCJK(中国語・日本語・韓国語)のテキストを含んだPDFファイルを表示するために必要となる追加データです。

ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-