トップ > ビルド > GIMPに必要なライブラリ群のビルド >
libexif

libexifのビルド

libexifはEXIF情報の解析や編集の機能を提供します。 EXIF(Exchangeable image file format)は写真用のメタデータを含むことができる画像ファイルフォーマットです。

  
libexifは、後ほどビルドする GIMP に組み込まれます。
  
デジカメで撮影した画像データには、撮影日時・撮影機器名・シャッタースピードやISO感度などが記録されていますが、それらがメタデータです。
  
libexifがなくてもGIMPをビルドすることはできます。 ただし、libexifを組み込まずにビルドしたGIMPで写真を加工するとEXIFデータが消失してしまいます。

ソースファイルの展開

まず、ソースファイルを展開します。 MinGW Shell上で以下を実行します。


cd /working/sources
tar xvf /working/sources/libexif-0.6.21.tar.bz2
cd libexif-0.6.21

configure

続いて、configureを実行します。 MinGW Shell上で以下を実行します。


CPPFLAGS="-march=pentium -mtune=pentium -I/working/gimp/include" \
LDFLAGS="-L/working/gimp/lib -L/working/gimp/bin" \
./configure \
  --prefix=/working/gimp > ../configurelog.libexif 2>&1

configureが終了したら、ログファイルに出力された内容を参照し、正常に終了したことを確認します。


cat ../configurelog.libexif

ビルド

続いて、ビルドを実行します。 MinGW Shell上で以下を実行します。


make

makeが終了したら、画面に出力された内容を参照し、正常に終了したことを確認します。

インストール

続いて、インストールを行います。 MinGW Shell上で以下を実行します。


make install

インストールが終了したら、画面に出力された内容を参照し、正常に終了したことを確認します。

ページの先頭へ
 

まとめ

libexifはEXIF情報の解析や編集の機能を提供します。

ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-