トップ > ビルド > GTK+に必要なライブラリ群のビルド >
Pango

Pangoのビルド

Pangoは国際化されたテキストをレイアウトするための機能を提供します。 テキストは、言語によって右から左に読み進むもの、日本語のように横書きでも縦書きでもよいものもありますが、そのような言語や文化による違いを吸収するためのライブラリです。

  
Pangoは、後ほどビルドする GTK+, GEGL, GIMP に組み込まれます。

ソースファイルの展開

まず、ソースファイルを展開します。 MinGW Shell上で以下を実行します。


cd /working/sources
tar xvf /working/sources/pango-1.29.5.tar.xz
cd pango-1.29.5

パッチの適用

次に、パッチを適用します。 MinGW Shell上で以下を実行します。


patch -Np1 < ../pango-1.29.5-enumtypes.patch

configure

続いて、configureを実行します。 MinGW Shell上で以下を実行します。


CPPFLAGS="-march=pentium -mtune=pentium -I/working/gimp/include" \
LDFLAGS="-L/working/gimp/lib -L/working/gimp/bin" \
./configure \
  --prefix=/working/gimp \
  --with-included-modules=yes \
  --with-dynamic-modules=no > ../configurelog.pango 2>&1

configureが終了したら、ログファイルに出力された内容を参照し、正常に終了したことを確認します。


cat ../configurelog.pango

正常に終了したかどうかの確認の他に、バックエンドとしてCairoとWin32およびFreeTypeがサポートされていることを確認する必要があります。

configureの結果の backends に Cairo と Win32 および FreeType が表示されていることを確認してください。

  
以下のようになっていれば問題ありません。
...(省略)...
config.status: executing pango/module-defs-fc.c commands
config.status: executing pango/module-defs-win32.c commands
config.status: executing pango/module-defs-atsui.c commands
config.status: executing pango/module-defs-coretext.c commands
config.status: executing pango/module-defs-lang.c commands
config.status: executing pango/pango-features.h commands
config.status: creating pango/pango-features.h
config.status: pango/pango-features.h is unchanged
configuration:
        backends: Cairo Win32 FreeType

ビルド

続いて、ビルドを実行します。 MinGW Shell上で以下を実行します。


make

makeが終了したら、画面に出力された内容を参照し、正常に終了したことを確認します。

インストール

続いて、インストールを行います。 MinGW Shell上で以下を実行します。


make install

インストールが終了したら、画面に出力された内容を参照し、正常に終了したことを確認します。

ページの先頭へ
 

まとめ

Pangoは国際化されたテキストをレイアウトするための機能を提供します。

ページの先頭へ
 
 
 
-
-
-
-