トップ > 事前準備 >
MinGWのセットアップ

MinGWのダウンロードとインストール

ここでは、MinGW(ミン・ジー・ダブリュ)のセットアップを行います。 MinGWは、"Minimalist GNU for Windows" の略です。

つまりMinGWは、GNUのソフトウェア群の中の最小限度の開発ツールをWindowsへ移植したものです。

  
GNU(グニュー)は、フリーソフトウェア財団(米国に本部を置く団体)が進めているプロジェクトです。 GNUプロジェクトの目的は、フリーソフトウェアのみで構成されたUNIX互換のOSを世に送り出すことです。
  
GNUプロジェクトは、1992年にカーネルを除いたソフトウェア群を完成させ、後はカーネル(GNU Hurd)を完成させるのみとなりました。 なお、前年の1991年には、リーナス・トーバルズによって独自に開発されたカーネル(Linux)がすでに公開されていました。
  
1992年に、GNUのソフトウェア群にLinuxカーネルを組み合わせたUNIX互換のOSが生み出されました。 現在、Linux(またはGNU/Linux)系OS呼ばれているOSが誕生したわけです。
  
2015年6月現在、https://distrowatch.com/ で紹介されているだけでも数百を超えるLinux系OSが存在しています。

MinGWのダウンロード

公式ウェブサイトである http://www.mingw.org/ から MinGW の 2012年04月26日版 をダウンロードします。

  
必ず、2012年04月26日版をダウンロードしてください。 他のバージョンでは、本ウェブサイトの手順通りに作業することはできません。

なお、以下のリンクから直接ダウンロードすることもできます

直接ダウンロード

以下からMinGWを直接ダウンロードすることができます。 なお、ダウンロードが開始されるまでに少し待ち時間があります

MinGWのインストール

続いて、MinGWをインストールします。 ダウンロードしたインストーラを実行し、下記の手順に従ってインストール作業を実施します。

1. インストールの開始

1. インストールの開始
1. インストールの開始

何も入力や選択するものはありませんので、[Next >]ボタンを押して次の画面に進みます。

2. インストール種別の表示

2. インストール種別の表示
2. インストール種別の表示

インストール種別が表示されます。 具体的には、"Administrator Install" または "Regular User Install" と表示されます。

管理者権限が割り当てられているユーザでインストールを行っている場合には "Administrator Install" と表示され、標準ユーザでインストールを行っている場合には "Regular User Install" と表示されます。

Administrator Installでインストールすれば、インストールされたMinGWを全てのユーザが使用することができます。 Regular User Installであれば、現在インストールを行っているユーザしかMinGWを使うことはできません。

[Next >]ボタンを押して次の画面に進みます。

  
Administrator InstallでもRegular User Installでも構いません。

3. レポジトリカタログの選択

3. レポジトリカタログの選択
3. レポジトリカタログの選択

レポジトリカタログを選択することができますが、標準で選択されている "Use pre-packaged repository catalogues 20120426" のままにしておいてください。 [Next >]ボタンを押して次の画面に進みます。

  
現在実行しているMinGWインストーラは、ネットワークインストーラであり、必要なファイルはネットワークからダウンロードされます。
  
ダウンロードするファイルのカタログが『レポジトリカタログ』です。
  
2012年04月26日時点のファイルを入手する必要があるため、上記のように "Use pre-packaged repository catalogues 20120426" を選択します。

4. 使用許諾条件の確認

4. 使用許諾条件の確認
4. 使用許諾条件の確認

本ソフトウェアの使用許諾条件が表示されています。 内容を確認し、同意する場合は、"I accept the agreement"を選択し、[Next >]ボタンを押して次の画面に進みます。

承諾できない場合は、[Cancel]ボタンを押してインストールを中断してください。

5. インストール先の指定

5. インストール先の指定
5. インストール先の指定

本ソフトウェアのインストール先を指定することができますが、標準の "C:\MinGW" のままにしておいてください。 [Next >]ボタンを押して次の画面に進みます。

6. スタートメニューのフォルダ名の指定

6. スタートメニューのフォルダ名の指定
6. スタートメニューのフォルダ名の指定

スタートメニューのフォルダ名を指定することができますが、標準の "MinGW" のままにしておいてください。 [Next >]ボタンを押して次の画面に進みます。

7. 機能の選択

7. 機能の選択
7. 機能の選択

以下の機能を選択し、[Next >]ボタンを押して次の画面に進みます。

  1. C Compiler
  2. C++ Compiler
  3. MinGW Developer Toolkit

8. 最終確認

8. 最終確認
8. 最終確認

インストール前の最終確認を行います。 以下の機能がインストール対象となっていることを確認し、問題がなければ[Install]ボタンを押してインストールを開始します。

  1. mingw-get
  2. pkginfo
  3. C Compiler
  4. C++ Compiler
  5. MSYS Basic System
  6. MinGW Developer Toolkit

9. 進捗

9. 進捗
9. 進捗

インストールが開始され進捗が表示されます。 インストールが終了すると自動的に次の画面へ進みます。

10. ネットワーク経由でのファイルの入手と展開

10. ネットワーク経由でのファイルの入手と展開
10. ネットワーク経由でのファイルの入手と展開

ネットワーク経由でのファイルの入手と展開が開始されます。 ファイルの入手と展開が終了すると自動的に画面が閉じられます。

  
ファイルの入手と展開には時間がかかります

11. 完了

11. 完了
11. 完了

インストール作業が完了したことが表示されていますので、[Finish]ボタンを押して終了します。

これで、MinGWのインストールは完了です。

MinGW Shellの設定変更

スタートメニューからMinGW Shellを実行し、以下の手順で設定を変更します。

  
今後の作業のほとんどをMinGW Shell上で実施します。

1. MinGW Shellの起動

1. MinGW Shellの起動
1. MinGW Shellの起動

スタートメニューからMinGW Shellを実行します。

2. プロパティ画面の表示

2. プロパティ画面の表示
2. プロパティ画面の表示

起動したMinGWのタイトルバーでマウスの右ボタン(マウスの右ボタン)を押し、表示されたコンテキストメニューから"プロパティ(R)"を選択します。

3. 簡易編集モードへの切り替え

3. 簡易編集モードへの切り替え
3. 簡易編集モードへの切り替え

簡易編集モード(Q)をオンにし、[OK]ボタンを押して画面を閉じます。

  
簡易編集モードでは、マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグで範囲選択することができます。 キーボードのEnterキーを押すことで選択範囲がコピーされます。
  
簡易編集モードでは、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)を押すことで貼り付けを行うことができます。

4. .profileファイルの作成

4. .profileファイルの作成
4. .profileファイルの作成

MinGW Shell上で以下のコマンドを打ち込んで、.profileファイルを作成します。


rm -f .profile
echo 'export PYTHON=/working/tools/Python27/python.exe' >> .profile
echo 'export LANG=C' >> .profile
echo 'export PATH=".:/working/tools/bin:/working/tools/Perl/bin:/working/gimp/bin:/mingw/bin:/bin"' >> .profile
echo 'export PKG_CONFIG_PATH=/working/gimp/lib/pkgconfig:/working/tools/lib/pkgconfig' >> .profile

  
上記のコマンドを選択してコピーし、MinGW Shell上でマウスの右ボタン(マウスの右ボタン)を押すことで貼り付けることができます。
  
MinGW Shellがアクティブでなければ貼り付けは行われません。 アクティブでない場合は、マウスの右ボタン(マウスの右ボタン)を2回押すことで貼り付けることができます(1回めでアクティブになり2回めで貼り付けが実施されます)。
  
MinGW Shellの起動時には .profile が読み込まれて実行されます。 つまり、MinGW Shellの起動は、一般的なUNIX系OSでのログインとして扱われているようです。
  
MinGW Shellの起動時には .bash_profile は読み込まれません。
  
MinGW Shellの正体はsh.exeというバイナリ、つまり、sh互換で動作しているbashです。 そのため、.bash_profile は読み込まれないものと思われます。

5. MinGW Shellの終了

5. MinGW Shellの終了
5. MinGW Shellの終了

MinGW Shell上で以下のコマンドを打ち込んで、MinGW Shellを終了します。


exit

ページの先頭へ
 

まとめ

MinGWは、以下の機能を有効にしてインストールします。

  1. mingw-get
  2. pkginfo
  3. C Compiler
  4. C++ Compiler
  5. MSYS Basic System
  6. MinGW Developer Toolkit
ページの先頭へ